2019年04月13日

見えそうで見えない・・・・暖簾の奥深さ(リニューアルしました!)

開店以来、8年以上にわたって

お店の顔として活躍し続けてくれた暖簾が


ついに2代目にバトンタッチしました。


暖簾リニューアル20190410.jpg


ここまで来るまでに、ちょっとした苦労がありました。


ただい、ひらひらはためいているだけかと感じていた

暖簾が、実は「見えそうで見えない」暖簾の


奥深〜い、本当に繊細な仕事をしてくれていたんだと


いうことも気づきました。


初代暖簾は、お店を設計してくれた時に、

お店に合わせて作っていただいたもの。

この寸法・デザインに様々な計算が織り込まれていたんだと、


しみじみ実感しました。


2代目の暖簾は、市販のもの。寸法は標準的な仕様。

このままだと、初代より10cm以上丈が短くなり、

「つんつるてん」状態で、店の中が素通し見え状態。

お店の中にいても、店の前を通る人との視線が丸見えで


何か落ち着かない。


暖簾のひっかけ場所を大工仕事で10cm低くして、

初代とほぼ同じ高さに。

すると、店の外から見ても、店の中から見ても

本当に安心感がまるで違う。

たった10センチの違いでこれほど違うのかと

あらためてびっくり!

暖簾の見栄えも、まるで違って見えてしまって

あら不思議!


ご来店の皆さまも

お店の「新しい顔」として、

可愛がっていただければと思います!





posted by 店長 at 06:16| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: